FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

等差数列

等差数列

n項に定数dを加えると第項になる数列等差数列と言う。定数d公差と言う。
()
一般項: ()
n項までの和:

注.については、 ((初項+末項)×項数÷2)という覚え方が便利です。

1, 4, 7, 10, 13, 16, 19, 22, ・・・・・・
のように数が並ぶ数列は、1を初項として、3ずつ増えていく数列です。
このように、決まった数だけ増えていく数列が等差数列です。初項が1,公差は3です。
この数列では、,・・・・・・
のようになっています。
これを一般的に書くと、公差をdとして、
となります(このように、第n項と第n+1項の間の関係を示す式が漸化式です)

等差数列の一般項(n)は、初項回公差dを加えたものになるので、となります。
初項をとすれば、となります。

初項,公差dの等差数列の第n項までの和は、

 
 
  
  ()

3abcが、のようになっていて、等差数列をなしているとき、
より、
3数のまん中の数は、他の2数の相加平均になっています。このまん中の数bのことを等差中項と言います。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ   作者のページ

(C)2005, 2006 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/07/21(金) 11:43:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<等比数列 | ホーム | 数列>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/97-51d53714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。