FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

数列

数列


いくつかの数を並べたものを数列と言います。
例えば、
235711131719,・・・・・・
は、素数を並べた数列です。
1248163264128256,・・・・・・
は、2をどんどんかけていってできる数を並べた数列です。

素数を並べた数列では、1番目の数が2で、2番目の数が3で、3番目の数が5という具合になっています。
1番目の数を第1項と言って、のように書きます。aは数列の名前、11番目という意味です。
1項が2であることを、というように書きます。
2番目の数は第2項で3番目の数は第3項で,以下、,・・・・・・
という具合になります。
数列の最初の項を初項と言います。初項は第1項とは限りません。第0項を初項にすることもあります。第2項を初項にすることもあります。問題それぞれで、数列を0番目からはじめるか、1番目からはじめるか、2番目からはじめるか、考えなければいけません。

世の中には、数列として扱えるものがいろいろあります。
例えば、初年度に100万円を貯金し、毎年、5%の利息がついて、総額から3万円ずつ預金者に割り戻しを行うとします。
1年後に、105万円になり、割り戻しで3万円戻ってくるので、預金額が102万円になります。
2年後に、万円になり、割り戻しで3万円戻ってくるので、預金額が1041千円になります。
こうして、3年後、4年後、・・・・・・、どうなっていくか、と計算していけばよいのですが、いきなり、30年後にどうなるのかと聞かれると、30回、この計算を行うのは、なかなか面倒です。
そこで、n年後の預金万円がnの式でどう表されるかということを考えます。この例では、
・・・①
となります。
としてみると、万円となります。
この計算式①があれば、30年後の預金も即座に計算できます。

となり、だいたい233万円くらいだとわかります。

数列の問題では、①のように、n番目の項をnの式で表すことを一つの目標とします。
n番目の項を第n項とか一般項などと言います。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ   作者のページ

(C)2005, 2006 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/07/21(金) 11:42:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<等差数列 | ホーム | 空間ベクトル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/96-9706cbbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。