FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平面のベクトル方程式

平面のベクトル方程式

(1) 空間内の平面p上に3ABCがあり、1次独立であるとき、で定まる点Pが平面p上に存在する条件は、 (この条件をこのウェブサイトでは、共面条件と呼ぶことにする)
(2) 空間内の3ABCを通る平面pのベクトル方程式は、平面上の点Pの位置ベクトルを,点Aの位置ベクトルを,また、stを実数として、

(1) 平面p上のベクトルは一次独立です。やはり平面p上に存在するベクトルは、適当な実数stを用いて、 ・・・① と書くことができます。
より、

整理すると、
ここで、とすれば、
(逆は、いまの式変形を逆にたどることにより、①式のように書けるので、点P3ABCが位置する平面p上に存在します)

(2) (1)の①式より、
よって、平面p上の点Pの位置ベクトルがみたす方程式として、

が得られます。

ここで、のいずれにも垂直なベクトルを(これを平面pの法線ベクトルと言います。法線ベクトルの見つけ方は外積を参照)として、これを両辺にかけると、

より、
 ・・・②
②式も平面を表す方程式です。
ここで、として、とおくと、

 ・・・③
③式が座標空間における平面の方程式です。
平面の方程式のxyzの係数をx成分、y成分、z成分とするベクトルが、この平面の法線ベクトルです。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ   作者のページ

(C)2005, 2006 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/07/16(日) 01:50:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<球面のベクトル方程式 | ホーム | 空間ベクトル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/91-13928d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。