FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平面ベクトルの応用

平面ベクトルの応用

この項目については、ベクトルの1次独立線のベクトル方程を参照してください。
三角形OABがあるとき(1次独立であるとき)stを実数として、で定まる点Pについて、
(i) であれば、点Pは直線AB上の点。
(ii) かつ かつ であれば、点Pは線分AB上の点(両端を含む)
(iii) かつ かつ であれば、点Pは三角形OABの周上または内部の点。

(i) を用いて、sを消去すると、となりますが、これは、点Aを通りに平行な直線、つまり、直線ABのベクトル方程式に他なりません。よって、点Pは直線AB上の点になります。

(ii) かつ かつ であるとき、より、よって、
を用いて、sを消去すると、より、点Pは、線分ABtに内分する点で、より、点Pは線分AB上の点。のとき、点Pは点Aに一致し、のとき、点Pは点Bに一致するので、線分ABの両端が含まれることになります。

(iii) とおきます。 かつ かつ より、です。
すなわちのときは、で、点Pは原点Oに一致します。
のとき、の両辺をkで割って、とおくと、 ・・・①
また、より、
とおくと、①より、点Qは線分AB上の点(両端を含む)で、より、Pは線分OQ上のO以外の点。
以上より、点Pは、三角形OABの周上または内部の点です。

以上の(i)(ii)(iii)について、右図のように、1目盛りとする、ひしゃげた座標系(斜交座標系)をとって、直交座標系と同じように考えると、(i)2を結ぶ直線であり、(ii)は、直線の部分であり、(iii)は、原点O3頂点とする三角形の周上、または内部であることとの比較を考えれば、直感的に納得がいくと思います。



TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ   作者のページ

(C)2005, 2006 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/07/07(金) 12:29:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<共線条件 | ホーム | 直線のベクトル方程式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/85-bbbfb042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。