FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東大文系数学'06年[3]

東大文系数学'06前期[3]

nを正の整数とする。実数xyzに対する方程式 ・・・① を考える。
(1) のとき、①を満たす正の整数の組となるものをすべて求めよ。
(2) のとき、①を満たす正の実数の組は存在しないことを示せ。

解答 整数問題で、すべての場合をチェックするとしたら無限の可能性があって、チェックしきれません。そこで、チェックする範囲を与えられた条件を使って絞り込む(できれば、10通り以内くらいに)必要があります。(1)では、という条件をうまく使うことがカギです。
(2)は整数問題ではありませんが、いろいろな解法が考えられます。

(1) ①でとすると、
 ・・・②
より、
②より、
より、
xyは正の整数なので、に限られます。
のとき、
②より、となり不適。
のとき、
②より、
のとき、
②より、となり不適。
のとき、
②より、となり不適。
のとき、
②より、となり不適。
のとき、
②より、となり不適。
以上より、 ......[]

(2) ①でとすると、
これを満たす正の実数の組が存在すると仮定します。
これを
xに関する3次方程式と見て、
とおき、3次関数を調べます。より、



x


00

増減表より、においてであって、3次方程式は、正の実数解をもちません。これは、という仮定と矛盾します。よって、正の実数の組が存在するとした仮定は誤りであって、のとき、①を満たす正の実数の組は存在しません。
別解 相加平均相乗平均の関係より、
 ( )
よって、をみたす正の実数の組は存在しません。

追記.(1)は、東工大'96年前期[1](以下)の一部分((1)の場合)です。

2以上の整数nに対して方程式の正の整数解を考える。ただし、たとえばは異なる解とみなす。このとき次の問いに答えよ。
(1) およびのときの解をすべて求めよ。
(2) 解が1つしかないようなnをすべて求めよ。
(3) 任意のnに対して解は少なくとも1つ存在し、かつ有限個しかないことを示せ。

この問題では、,・・・,の大小関係が仮定されていないのですが、すべて異なる場合でも大小関係はn個の異なるものの順列通りしか存在しないので、大小関係を仮定して考えるべきです。1つ解を求めてしまってから、あとで、並べ替えたものを列挙すればよいのです。というのは、整数問題では、大小関係を仮定することが強力な絞り込みの武器となることがあるからです。
と仮定すると、

ですが、
 ・・・③
より、
より、
 ・・・④
個の正整数の積がn以下ということで、チェックする範囲をかなり絞り込むことができるのです。
(1)の場合が本問(1)です。並べ替えも入れて、
......[]
の場合は、
 ・・・⑤
④より、
これをみたすのは、
3通りの可能性しかありません。このうち⑤をみたすのは、
......[]
の場合、以下のような考え方もできます(こちらの方が普通の解法です)
⑤を因数分解のような形に変形して、
 ・・・⑥
これも、整数問題の基本ですが、

(整数A)×(整数B)(整数C) ・・・⑦
という形を作ると、
ABCの約数に限定できるので、チェックする範囲を絞り込むことができます。なので、⑥をみたすのは、のときだけです。
よって、となります。

(2) の場合に、n個の整数,・・・,2個の変数にできないか、2個の変数にしてしまえば、(1)の別解の解法が使える、と、考えます。ちょっと遊びで、2個の変数だけ残して、残りを全部としてみます。③は、
となります。左辺は1個足しているので、
こうなれば、(1)の別解の解法が使えます。⑦の形になるように変形すると、

の約数になりますが、

が③の
1つの解を与えます。つまり、の場合、③には、
 ・・・⑧
という解が存在するのです。この解には、3種類の整数、12nが出てくるので、,・・・,の並べ替えにより、複数の解を作ることができます。すなわち、の場合には、2個以上の解が存在します。よって、解が1つしかないようなnは、(1)より、
......[]

(3) (1)の場合と、の場合の⑧により、任意のnに対して、③には、少なくとも1個の解が存在します。
③の解は④をみたしますが、④をみたす,・・・,はすべて1以上でn以下の整数であって、のときの組の個数は個以下です。
の場合には、となるので、③はみたされません。
ということは、③の解の,・・・,の中には
2以上のものが含まれています。このとき、,・・・,が決まれば、③によりはただ1通りに決まります。
従って、の組の個数も個以下です。
,・・・,の大小関係は、
n個の整数がすべて異なっていた場合の通り以下です。
よって、③の解は個以下であり、有限個しかありません。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/12/24(水) 16:35:20|
  2. 東大文系数学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北大理系数学'08年前期[5] | ホーム | 東大文系数学'06年[2]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/741-2a2e04eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。