FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東大文系数学'08年[4]

東大文系数学'08前期[4]

pを自然数とする。次の関係式で定められる数列を考える。
(1) に対し、次の2つの数がともにで割り切れることを示せ。
(2) p3以上の奇数とする。このとき、で割り切れるが、では割り切れないことを示せ。

解答 連立漸化式の問題に見えますが、整数の問題です。
面倒な計算をどうやりきるか、ということでしょうか。


とおきます。問題文中の関係式:
 ・・・①
(1) 数学的帰納法によって示します。
() のとき、
はともにで割り切れます。
() のとき、がともにで割り切れる、つまり、を整数として、と書ける、と、仮定します。
 ・・・②
 ・・・③
として(の形を作ることが目標です)
 ・・・④
 ・・・⑤
④-②より、
 ・・・⑥
①,③より、
これとより、⑥は、

中カッコ内は整数なので、で割り切れます。
⑤-③より、
 ・・・⑦
①より、
 ・・・⑧
②+③より、
⑧に代入して、
長いのでこの中カッコをとおきます。は連続2整数の積で偶数なのでは整数です。を⑦に代入し、
③より、なので、
カッコ内は整数なので、で割り切れます。
以上より、はともにで割り切れるので、のときも成立します。
()()より、 に対し、 がともにで割り切れることが示されました。

(2) (1)より、 に対し、を整数として、
とおくことができます。
pは奇数なのでは偶数でありは整数です。も整数です。中カッコ内はpの倍数に1を加えたものになっていて、p3以上の奇数のときにはpで割り切れません。
よって、で割り切れるが、では割り切れないことが示されました。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/10/18(土) 08:14:23|
  2. 東大文系数学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福井大医数学'08年[2] | ホーム | 佐賀大理工数学'08年[2]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/680-44340e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。