FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東工大数学'05年前期[3]

東工大数学'05年前期[3]

Dを半径1の円盤、Cxy平面の原点を中心とする半径1の円周とする。Dがつぎの条件(a)(b)を共に満たしながらxyz空間内を動くとき、Dが通過する部分の体積を求めよ。
(a) Dの中心はC上にある。
(b) Dが乗っている平面は常にベクトルと直交する。

解答 形状がつかみにくい立体の体積を求める問題では、無理に立体の形状を追求せず、ある軸に垂直な平面で立体を切ってその断面積を考え、断面積を軸に沿って積分します。

この問題では、
z軸に垂直に立体Kを切るのが素朴で取っつきやすいでしょう。
円板の中心が
Pにあるとき、条件(b)より、円板は平面 ・・・① 上にあって、これをzx平面上までy軸と平行に平行移動させると、円: ・・・② になります。

ところで、
Dの通過する部分にできる立体Kxy平面、yz平面、zx平面に関して対称なので、の部分のKの体積を考えて、8倍することにします。

上記
q の範囲で考え、立体Kz軸に垂直な平面()で切ったときの切り口を考えます。
まず、
Pに中心がある円盤Dを平面で切ってみます。
②で
として、
・・・③
これより、切り口は、両端を
とする線分です。この線分の長さは (kにのみ依存し、q には依存しない)で、その中点は、円Cを平面上にまで平行移動させた円周上にあります。結局、円盤Dを平面で切った切り口をxy平面上まで平行移動させると、右図斜線部のようになります。
右図の円弧EIは、円Cの部分です。
③で
とすると、 ( 1象限で考えている)より、,①より、このとき、()
つまり、右図の点Dです。
①で
とすると、,③より、このとき、
つまり、右図の点A,点Jです。
①で
とすると、,③より、このとき、
つまり、右図の点B,点Fです。
斜線部の境界線の弧
ADは、xy平面上の円C上を点Pとなるように動くとき、Px軸負方向にだけ平行移動させた点の描く曲線なので、Cを中心とする半径1の円弧です。同様に、右図の弧FJは円弧EIx軸正方向にだけ平行移動させた曲線で、Hを中心とする半径1の円弧です。
また、
とおくと、
・・・④
断面積、即ち、右図斜線部の面積は、扇形HFJの面積(扇形OEIの面積)、長方形OEFHの面積の和から、xy軸円弧ADで囲まれる面積(扇形CADの面積から三角形CODの面積を除いたもの)を引いたものになります。
扇形
OEIの面積は、半径1の円の面積の,長方形OEFHの面積は,扇形CADの面積は
三角形CODの面積は
・・・⑤
求める体積
Vは、
⑤のj を含む項は、kで積分することができないので、④より、とおいて置換積分します。
kのとき、j
よって、

は、とおくと、より、半径1の円の面積のに等しく、
 (部分積分法による)
は、とおくと、j
......[]


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/05/27(火) 22:15:18|
  2. 東工大数学'05年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東工大数学'05年前期[4] | ホーム | 東工大数学'05年前期[2]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/472-b07df82c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。