FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東工大数学'05年前期[1]

東工大数学'05年前期[1] 東工大数学'05年前期[1]

eを自然対数の底とし、数列を次式で定義する。
()
(1) のとき、次の漸化式を示せ。
(2) に対しなることを示せ。
(3) のとき、以下の不等式が成立することを示せ。

解答 (1) 定積分で表された数列の漸化式に関する問題です。
このタイプの問題では、普通は部分積分によって漸化式を導きます。
この問題でも部分積分することを考えます。
被積分関数は、と見て、1として部分積分を行います。のとき、


・・・① (という番号が出てくるので、という制限をつける必要があります。)
番号を1つずらして、 ・・・② (の係数がnでなく、となることに注意すること。また、という番号が出てくるので、という制限をつける必要があります)
①-②より、 ()
()

(2) 関数は、において、でのみで、においては,よって、
()

また、においてのみ ()であり、
においてより、

以上より、のとき、

(3) (1)(2)とからに関する関係を作って数学的帰納法というストーリーになるだろうと見当をつけます。
だとすると、
のようになるので、
という形の不等式を作ることを目標にします。
また、 (不定積分の公式を参照)

(1)の結果においてnに置き換えると、
() ・・・③
の関係を調べることになりますが、③のが邪魔になります。
これを消すために、(2)nに置き換えて、,従って、
③に適用すると、
・・・④

④を用いて、数学的帰納法により与不等式を示します。
() のとき、①を用いて、


の大小関係を比べればよいのですが、
1次方程式:を解くと、なので、
を満たす数として、例えば、をもってくると、であって、


よって、のとき、与不等式が成り立ちます。
() のとき、与不等式が成り立つと仮定する。このとき、
が成り立ちます。
④より、
よって、のときも、与不等式が成り立ちます。
()()より、のとき、与不等式が成り立ちます。
注.結局、④を繰り返し用いれば、
となっています。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/05/26(月) 18:01:56|
  2. 東工大数学'05年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東工大数学'05年前期[2] | ホーム | 東工大物理'06年前期[3](再掲)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/470-37872c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。