FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東大物理'02年前期[1]

東大物理'02年前期[1]

 長さLの不透明な細いパイプの中に、質量mの小球1と質量の小球2が埋め込まれている。パイプは直線状で曲がらず、その口径、及び小球以外の部分の質量は無視できるほど小さい。また小球は質点とみなしてよいとし、重力加速度をgとする。これらの小球の位置を調べるために次の二つの実験を行った。

Ⅰ まず、図1-1に示したように、パイプの両端ABを視点abで水平に支え、両方の支点を近づけるような力をゆっくりとかけていったところ、まずbCの位置まで滑って止まり、その直後に今度はaが滑り出してDの位置で止まった。パイプと支点の間の静止摩擦係数、及び動摩擦係数をそれぞれm(ただし)と記すことにして、以下の問に答えよ。
(1) bがCで止まる直前に支点abにかかっているパイプに垂直な方向の力をそれぞれとする。このときのパイプに沿った方向の力のつり合いを表す式を書け。
(2) ACの長さを測定したところであった。パイプの重心が左端Aから図ってlの位置にあるとするとき、重心の周りの力のモーメントのつり合いを考えることにより、lmを用いて表せ。
(3) CDの長さを測定したところであった。摩擦係数の比で表せ。
(4) 上記の測定から重心の位置lを求めることができる。lで表せ。
(5) さらに両方の支点を近づけるプロセスを続けると、どのような現象が起こり、最終的にどのような状態に行き着くか、理由も含めて簡単に述べよ。

Ⅱ 次に、パイプの端Aに小さな穴を開け、図1-2のようにそこを支点として鉛直に立てた状態から静かにはなし、パイプを回転させた。パイプが回転したときの端Bの速度の大きさを測ったところ、vであった。端Aから図った小球12の位置をそれぞれとして以下の問に答えよ。(支点での摩擦および空気抵抗は無視できるものとする。)
(1) vgLを用いて表せ。
(2) vを実験Ⅰで得られた重心の位置lの値を用いて表したところ、
 
であった。小球の位置lで表せ。ただし、とする。

解答 物差しの上に消しゴムでも置いて、2本のボールペンなどで支えながらボールペンに内向きに力をかけてみてください。この問題の実験を簡単に行うことができます。
おもりはどこに隠されているのか、探索を楽しませてくれる問題でもあります。

(1) 棒に水平方向に働くは、aから受ける右向きの静止摩擦力bから受ける左向きの動摩擦力です。aから受ける摩擦力は、aが滑り出す直前なので、最大静止摩擦力です。この2力のつり合いより、
......[] ・・・①

(2) bがCで止まる直前に、棒に鉛直方向に働くは、aから受ける垂直抗力bから受ける垂直抗力です。重心Cとの距離です。
重心の周りの力のモーメントのつり合いより、
・・・②
①,②より、
......[] ・・・③

(3) aDで止まる直前に、棒が支点abから受ける垂直抗力とします。このとき、棒に水平方向に働くは、aから受ける右向きの動摩擦力と、bから受ける左向きの最大静止摩擦力です。この2力のつり合いより、
・・・④
重心とDとの距離は、
重心の周りの力のモーメントのつり合いより、
・・・⑤
④,⑤より、
分母を払うと、
整理して③を使うと、
......[] ・・・⑥

(4) ⑥を③に代入すると、
......[]

(5) さらに実験を続けて、Bが滑り出してEで止まったとします。このとき、とすると、
重心とEとの距離は、
(1)(2)と同様に考えて、棒に働く水平方向の力のつり合いの式と、重心の周りの力のモーメントのつり合いの式を立てると、棒がabから受ける垂直抗力として、
 ・・・⑦
この式は、
 ・・・⑧
と書き直すと、⑦,⑧は、④,⑤において、abを入れ替え、としたものです。計算をしなくても、となることがわかります。つまり、2支点間の距離,・・・ は、公比等比数列になっていて、より、プロセスを何度も繰り返していくと、2支点間の距離は、0に近づいていきます。
2支点は、必ず重心の両側にあるので、最終的に2支点が重心に重なります。
支点aと支点bが代わる代わる一方が滑って他方が止まるということを繰り返し、両支点間の距離は、公比の等比数列となって小さくなり、より、0に近づいていく。最終的に、両支点は重心に来る。 ......[]

(1) 小球1位置エネルギーの変化は、,小球2位置エネルギーの変化は、
この和が、パイプが回転したときの運動エネルギーになります。
パイプが回転したときの、小球1と小球2速さはそれぞれ、です(円運動の公式より、角速度wとして、B速さ,小球1,小球2速さ,なお、等速円運動を参照)
力学的エネルギー保存より、
整理して、
......[]

(2)
両辺を2乗して整理すると、
・・・⑨
また、重心位置について、
これより、
これと、を⑨に代入すると、
整理して、

のときとなって不適。
のとき、

......[]


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/05/16(金) 15:11:35|
  2. 東大物理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東大物理'02年前期[2] | ホーム | 東大理系数学'02年前期[6]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/459-e3b625f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。