FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

東大理系数学'03年前期[3]

東大理系数学'03年前期[3]

xyz空間において、平面上の原点を中心とする半径2の円を底面とし、点を頂点とする円錐をAとする。
次に、平面
上の点を中心とする半径1の円をH,平面上の点を中心とする半径1の円をKとする。HK2つの底面とする円柱をBとする。円錐Aと円柱Bの共通部分をCとする。を満たす実数tに対し、平面によるCの切り口の面積をとおく。
(1) とする。のとき、q で表せ。
(2) Cの体積を求めよ。

解答 2円の位置関係を場合わけして断面積を考えますが、結局、同じ式になります。積分計算はかなり面倒です。
なお、図形と方程式や三角関数を復習される方は、
円の方程式三角関数を参照してください。扇形の面積については、一般角を、積分に関しては、不定積分の公式を参照してください。

(1) 平面によるCの切り口をz軸と垂直にxy平面上まで平行移動させると右図斜線部のようになります(立体を真上から見た図だと思ってください)
円錐Ay軸負方向から眺めると、稜線は、右下図のように、直線 ・・・① に重なって見えます。①において、のとき、
円錐Aで切った部分に相当するのは、円: ・・・②
円柱Bで切った部分に相当するのは、円: ・・・③
2円の交点DEx座標は、②,③を連立して、
ここで、PFとします。
円②の半径はなので、右図でです。
2円の位置関係は、 ()の場合、 ()の場合に分かれます。

以下、右上図斜線分の面積のうち、線分DEから右側の部分の面積を,左側の面積をとします。
a) のとき、2円の位置関係は右図のようになります。
は、扇形ODEから三角形ODEを除いた部分(右図で黄色く塗られた部分)の面積で、
また、中心角は円周角の2倍なので、
は、円③から扇形PDEから三角形PDEを除いた部分を除いた部分(右図で黄緑色に塗られた部分)の面積で、


b) のとき、2円の位置関係は右図のようになります。
a)の場合と同じです。
は扇形PDEから三角形PDEを除いた部分の面積で、
これもa)の場合と同じです。

よって、 ......[]

(2) Cの体積は、 (定積分と体積を参照)
q の式で与えられているので、置換積分を行い、tの積分をq の積分に直します。
を微分して、

tのとき、q
よって、
 (部分積分法を参照)

 (です)


.......[]


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト



テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/05/01(木) 23:36:09|
  2. 東大数学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東大理系数学'03年前期[4] | ホーム | 東大理系数学'03年前期[2]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/446-21667696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)