FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

東大理系数学'03年前期[2]

東大理系数学'03年前期[2]

Oを原点とする複素数平面上で6を表す点をAを表す点をBとする。ただし、iは虚数単位である。正の実数tに対し、を表す点Pをとる。
(1) を求めよ。
(2) 線分OPの長さが最大になるtを求めよ。

解答 この問題は現在の指導要領では高校範囲外です。

(1) とおきます。です。は、複素数の偏角です。
よって、 ......[]

(2) 無方針にやっても計算が大変です。複素数zの分母:は、のときに実数になり、のときに純虚数になります。このとき、zが簡単な値になります。
そこで、としてみると、となり、このとき点Pは点Aに来ます。
としてみると、となり、このとき点Pは点Cに来ます。
また、としてみると、となり、このとき点Pは原点Oに来ます。
一方、(1)より、で一定なので、点Pの軌跡は円です。
ということは、点Pの軌跡の円は、直角三角形OACの外接円だということです。
この外接円の中心はACの中点で、OPがこの外接円の直径になるときにOPの長さが最大で、このとき、OPの中点がなので、
分母を払うと、
......[]

別解 tについて解くと、
tが実数 より、 (共役複素数を参照)
分母を払うと、
整理して、

これでPの軌跡がを中心とする半径5の円とわかります。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/04/30(水) 10:26:57|
  2. 東大数学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東大理系数学'03年前期[3] | ホーム | 東大理系数学'03年前期[1]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/445-35864b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)