FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電力

電力

抵抗Rの両端の電圧V電流Iが流れているとして、抵抗が消費する電力Pは、
時間tの間に抵抗が消費したエネルギーの総量、つまり、電力量Qは、

定常的な電流が流れる導体中では、電荷は等速度運動をしていると考えられます。電荷をもつ電子1個が、一様な電界Eのかけられている長さdの導体棒中で、速度vに比例する抵抗力(比例定数をkとします)を受けて等速度運動しているとして、抵抗力クーロン力つり合いより、

 (電流・オームの法則を参照)
この電子が受ける大きさ抵抗力単位時間にする仕事は、単位時間当たり距離v進むので、となります。電子が単位体積中にn個あるとして、導体棒の体積はで、導体棒中には個の電子があり、導体棒中の全電子が単位時間抵抗力から受ける仕事Pは、導体棒を流れる電流(電流・オームの法則を参照),導体棒両端の電圧(電位・電圧を参照)より、
と書けます。このP抵抗Rが消費する電力と言います。電力の単位は、単位時間当たりの仕事なので、
(ワット)
です。電力の単位は仕事率の単位と同じです。
オームの法則より、電力は、
と、いろいろな形に表せます。

抵抗時間tの間に消費したエネルギーの総量
電力量と言います。電力量電力時間をかけたものなので、電力量の単位は、[J](ジュール)です。
実際には、
抵抗Rの導体に電流Iが流れると、単位時間当たり時間tの間にが出ます。このジュール熱と言います。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/01/14(月) 14:49:24|
  2. 電磁気分野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キルヒホッフの法則 | ホーム | 合成抵抗の公式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/308-fcfda447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。