FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京大物理'07年前期[3]

京大物理'07年前期[3]

次の文を読んで、  には適した式を、{  }には正しい番号を一つ選び、それぞれの解答欄に記入せよ。また問1,問2,問3には適切な説明を所定の枠内に記入すること。

熱力学は気体だけではなく、さまざまな対象にも適用することができる。本問ではひも状の物体の熱力学を考えてみよう。あるひも状の物体を引き伸ばし、長さが
からの範囲内で張力Xを測定したところ、Xは長さLに依存せず、絶対温度Tおよび正の定数Aを用いてと表された。この物体の変形としては、Lからの範囲内にある一次元的な伸縮のみを考え、また内部エネルギーUは正の定数Cを用いてとなるとして、以下の問いに答えよ。

(1) この物体に外から微小仕事を加えて微小量だけ伸ばしたときに、という関係式が成り立つ。吸熱量を,内部エネルギーの変化をとしたとき、熱力学第一法則よりは、ATを用いて あ と表される。一方より、物体を伸ばしたときの温度変化を用いて、内部エネルギーの変化は い とも書ける。
断熱的に物体をゆっくりと微小量伸ばしたときの温度変化は、CATを用いて表すと う となり、温度は{:① 下降する。 ② 変わらない。 ③ 上昇する。}ただし、とする。

(2) さて、この物体を断熱的にゆっくりと伸ばした。そのときが一定であった。ここで、Tの自然対数である。

1 この理由を述べよ。ただし、正の変数Tまでわずかに変化させたときのの変化量をと表すと、が成り立つことを用いてよい。

(3) 次に、同じ物体を温度Tに保ったまま、長さからLまでゆっくりと変化させたときに物体に外から加えられた仕事は お であり、その間の吸熱量は か である。ただし、 お および か ATLのみで表すこと。

(4) 1のように横軸を物体の長さLとし、縦軸を温度Tとしてこの物体の状態変化を表す。物体を温度に保ちゆっくりと等温変化をさせ、その後ゆっくりとまで断熱変化させ、さらに温度でゆっくりと等温変化をさせた後に、断熱的にゆっくりと温度の初めの状態に戻すサイクルを考えよう。高温熱源(温度)から熱を吸収して仕事をし、低温熱源(温度)に熱を放出するようなサイクルは、{:① (a)を時計回りに回る。 ② (a)を反時計回りに回る。 ③ (b)を時計回りに回る。 ④ (b)を反時計回りに回る。}

2 このサイクルでは、が等しくなる。その理由を述べよ。

(5) 一般にサイクルでの熱効率は、物体がサイクルを通じて外にする正味の仕事を、高温熱源から吸収する熱量で割った量として導入される。よって、サイクルを動かす間の熱効率は、とサイクルを動かす間に放出する熱量を用いて く と書ける。

3 これまでの結果を用いて、(4)のサイクルの熱効率がとなる理由を説明せよ。

解答 難しそうに見えますが、簡単です。

(1)   ・・・① は、外部から物体に加えられた仕事なので、物体が外部にした仕事です。熱力学第一法則より、
 ・・・②
......[]
 より、内部エネルギーの変化は、 ・・・③
......[]
 ②,③より、
断熱変化においては、
 ・・・④
......[]
 ④より、のとき、
温度は上昇するので、③ ......[]

(2) 1 ④より、,これと、とから、

これより、は一定です。

(3)  ①より、物体に外から加えられた仕事は、

......[]
 ③より、等温変化のとき、
②より、 ・・・⑤
吸熱量は、
......[]

(4)  高温等温変化においてを吸収したので、,⑤より、,よって、ここで長さが縮みます(右図で高温において右から左に移行する)
高温から低温断熱変化するとき、,④より、,よって、ここで長さが縮みます(右図のTLとも減少)
このとき1サイクルで(a)反時計回りに回る(右図参照)ので、② ......[]
補足 このサイクルをカルノー・サイクルと言います。

2 断熱変化においては、②でとして、
 ・・・⑥
右図において、BA(断熱変化)における内部エネルギーの変化は、⑥より、
DC(断熱変化) における内部エネルギーの変化は、⑥より、
等温変化ではなので、ADCBにおいては、内部エネルギーの変化はありません。
1サイクルでの内部エネルギーの変化(1サイクルでもとの温度に戻るので)0です。
よって、


(5)  1サイクルで、内部エネルギーの変化0,気体が吸収した
物体が1サイクルを通じて外にする正味の仕事として、熱力学第一法則より、
よって、熱効率hは、
 ・・・⑦
......[]
注.hはギリシャ文字で‘えーた'と読みます。

3 CB(等温変化)において、⑤より、 (は吸収する熱量)
AD(等温変化)において、⑤より、 (は放出する熱量)
2の結果を利用して、
⑦より、熱効率hは、
注.問2(5),問3において、CBで物体が吸収した熱はADで物体が吸収した熱はであることに注意してください。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2007/09/06(木) 17:05:18|
  2. 京大物理'07年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<早大理工数学'07年[1] | ホーム | 京大物理'07年前期[2]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/257-8b03d79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。