FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東工大数学'07年前期[2]

東工大数学'07年前期[2]

正数aに対して、放物線上の点Aにおける接線を、Aを中心に回転した直線をとする。との交点でAでない方をBとする。さらに点C,原点をOとする。
(1) の式を求めよ。
(2) 線分OCCAで囲まれる部分の面積を,線分ABで囲まれる部分の面積をとする。このとき
   
を求めよ。

解答 一見して何の変哲もない、計算力だけを見る問題なのですが、よくできていて、出題者のセンスの高さを感じさせてくれる傑作問題だと思います。計算は面倒ですが、自らの手を動かして計算し、解答が求まったら、ぜひ、感動してください。苦労してこその感動です。きっと、数学が好きになるでしょう。
(1) 放物線について、
における放物線の接線の傾きは
の傾きをmとして、題意より、であって、接線とのなす角がであることから、
 (正接の加法定理を参照)
より、


よって、の方程式は、
 (直線の方程式を参照)
整理して、 ......[]

(2) の方程式とを連立すると、
Aで交わることから、この2次方程式には、という解があることはわかっています。

よって、Bx座標bは、

 (定積分と面積を参照)
 (定積分の公式を参照)
ここで、のとき、
より(関数の極限を参照)
......[]


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005, 2006,2007, 2008 (有)りるらるNewton e-Learning
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2007/07/27(金) 13:18:45|
  2. 東工大数学'07年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東工大数学'07年前期[3] | ホーム | 東工大数学'07年前期[1]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/237-19c8e7a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。