FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2次曲線に関する問題(その1)

2次曲線に関する問題(その1)

2次曲線の問題を素直に2次方程を用いて解く場合、2次方程式の判別2次方程式の解と係数の関の技巧を考えます。

1楕円と直線:2PQで交わっているとき、abm ()を定数として、nの値を動かすときのPQの中点M軌跡、また、nに対してPQの長さを求める。
[解答] 楕円の方程式の分母を払うと、

と連立して、

整理すると、
 ・・・①
楕円と直線が2点で交わるので、①は、異なる2実数解をもちます。
判別式:
  (2次方程を参照)

①の2解をab とすると、PQの中点Mx座標はです。
①において、と係数の関より、

よって、Mx座標は、 ・・・②
PQの中点Mは、直線上の点ゆえ、My座標は、
 ・・・③
②,③からnを消去すると、

これが軌跡の方程式です。
②において、nの範囲を考慮すると、


Mの軌跡は、直線:の部分で、右図赤線部分(両端白マルを除く) ......[]
線分PQの長さは、PQx座標の差にをかけたものになります。また、PQx座標の差は、
 (2次方程式の一般を参照、2次方程式:の判別式をとして、2解の差は、)
 
よって、PQの長さは、
......[]

2.楕円: ()外の点Pから楕円に引いた2接線が直交するようにPが動くとき、Pの軌跡を求める。
[解答]  のとき、点Pを通る傾きmの直線は、

 ・・・①
以下、1文字のように扱うのがコツです。
楕円の方程式の分母を払うと、

①を代入すると、

整理して、

直線①と楕円は接するので、この2次方程式は重解をもち、判別式: (2次方程を参照)

 

より、これをmに関する2次方程式と見ると、2は、Pから楕円に引いた2接線の傾きです。
2接線が直交するので、傾きの積 (2直線の平行と垂を参照)
と係数の関より、

分母を払って整理すると、 ・・・②
のとき、とすれば、Pから楕円に引いた2接線は、のいずれかとのいずれかであって、直交します。
は、4通りの符号のどの組み合わせについても、②を満たすので、②で、と書き換えて、
Pの軌跡は、円: ......[]
注.円:は、楕円:の準円と呼ばれます。

3 ()上にない点Pから放物線に引いた2接線が直交するようにPが動くとき、Pの軌跡を求める。
[解答] 例2と同様に、点Pを通る傾きmの直線は、
 ・・・①
放物線の方程式に代入して、

直線①と放物線が接するので、この2次方程式は重解を持ち、判別式:

整理して、
2接線は直交するので、この2次方程式の2の積は、
解と係数の関係より、

と置き換えて、Pの軌跡は、直線: ......[]
直線:は、放物線:の準線です。

4 ()に関して、以下を証明する。
(1) 直線: ()と、双曲線との交点をPQ,直線と漸近線との交点をRSとして、
(2) 原点をOとする。双曲線上の1Pにおける接線と、漸近線との交点をABとすると、点PABの中点であり、三角形OABの面積は一定,また、双曲線の焦点をFとして、
[証明](1) 双曲線の漸近線:を連立し、
 (複号同順)
よって、RSの中点のx座標は、
一方、双曲線の方程式の分母を払うと、
を代入して、
整理して、
この2次方程式の2ab が、PQx座標になります。
PQの中点のx座標は、と係数の関より、

PQRSの中点が一致するので、 (証明終)

(2) 接点Pの座標をだとして、接線:
分母を払って、
漸近線の方程式:を代入して、
 (複号同順)
よって、ABの中点のx座標は、

  ( Pは双曲線上の点だから、)
Pは直線AB上の点であり、ABの中点のx座標がPx座標に一致するので、PABの中点です。
ABy座標は、x座標の値を漸近線の式に代入することにより、
 (複号同順)
三角形OABの面積は、






より、 (証明終)

(2次曲線に関する問題(その2)へつづく)


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ   作者のページ

(C)2005, 2006 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/11/05(日) 10:30:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2次曲線に関する問題(その2) | ホーム | 極座標のグラフ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/208-7f7781f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。