FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楕円

楕円

標準形: ()
楕円の定義:2定点(焦点と言う)からの距離の和が一定である点の集合を楕円と言う。
2焦点の中点を楕円の中心と言う。
2焦点を結ぶ直線と楕円との交点を両端とする線分を楕円の長軸、長軸と楕円の中心で直交する直線と楕円との交点を両端とする線分を短軸と言う。

楕円の定義から、楕円の方程式の標準形を導いてみます。
2焦点を、F2焦点までの距離の和を ()とします。
楕円上の点P2焦点までの距離の和は、


両辺を2乗すると、





 ・・・① とおいて、両辺をで割ると、


ここで、とすると、とすると、
を楕円の頂点と言います。頂点は、長軸、短軸の端点になっています。
また、長軸の長さは,短軸の長さはです。

①式より、楕円:の焦点の座標について、 (のときには楕円は円になります)のとき、 (右図1参照)
のときには、右図2にように、長軸と短軸が入れ替わり、長軸がy軸上、短軸がx軸上に来ます。また、焦点はy軸上にあり、その座標について、となります。

楕円の方程式:を満たす点に対して、xのところにを代入しても、yのところにを代入しても、楕円の方程式は成り立ちます。ということは、楕円は、x軸に関しても、y軸に関しても、原点に関しても対称だということです。

楕円の方程式:に接する傾きmの接線を求めてみます。
楕円の方程式にをかけて、
と連立して、
整理して、
この2次方程式は重解を持ちます(2次方程式の一般を参照)
よって、判別式:
整理すると、


よって求める傾きmの接線は、

楕円の方程式:の両辺を関数の微分で微分すると、


楕円上の点における接線の傾きは、
における接線は、
 ・・・②
は楕円上の点なので、を満たすので、②式をで割ることにより、

よって、における接線は、

楕円:が囲む部分の面積は、です(積分と面積(その2)を参照)

楕円の方程式:を、
と見て、とおくと、となります。
楕円上の各点のy座標を倍すると、円:上に移ってくることがわかります。
逆に、円:上の各点のy座標を倍した点の集合が楕円:であると言うこともできます。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ   作者のページ

(C)2005, 2006 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/10/26(木) 19:45:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<双曲線 | ホーム | 行列>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/199-1d989bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。