FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コーシー・シュワルツの不等式

コーシー・シュワルツの不等式

において積分できるような関数であるとき、
 
この不等式を、コーシー・シュワルツの不等式と言う。

[証明] において積分できるような関数であって、この範囲でが恒等的に0にはならないとします。
tを任意の実数として、
よって、として、 (積分と不等を参照)
不等号の等号は、におけるすべてのxについて、であるときに成立します。


( においてであって、は恒等的に0ではない)とおくと、

この不等式が成り立つ条件は、より、tに関する2次方程式:が、相異なる2実数解をもたない(重解か2虚数解をもつ)こと(2次方程式の一般を参照)で、2次方程式の判別式:について、


(証明終)

例.  を示す。
[解答] コーシー・シュワルツの不等式より、


辺々加え合わせて、



ここで、分積をするのですが、

としてしまうと面倒なので、と見て以下のようにします。

 
 
 
 
注.において、より、


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ   作者のページ

(C)2005, 2006 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/10/02(月) 10:46:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<減衰振動関数 | ホーム | 物理への応用(その2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/176-8b811c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。