FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東工大数学'13年前期[2]

東工大数学'13前期[2]

2次の正方行列に対して、と定める。
(1) 2次の正方行列ABに対して、が成り立つことを示せ。
(2) Aの成分がすべて実数で、が成り立つとき、の値を求めよ。ただし、E2次の単位行列とする。

解答 ケーリー・ハミルトンの定理を利用して次数下げを行う問題です。

(1) とします。



 (逆行列を参照)

(2) (1)を利用して、
Aの成分はすべて実数なので、も実数です。
 ・・・①
ケーリー・ハミルトンの定理より、
より、

 ・・・②
以後、が出てくるたびに、と入れ替えます。

 ・・・③

これより、③は、
・・・④ または ・・・⑤
・④のとき、 ・・・⑥
・⑤のとき、ならとなりですが、は両立しないので不適。従ってですが、となり、 ・・・⑦ とおけば、の形に書けます。このときは、となりますが、⑦より、

このうち、では、であって、とならない(の形であれば⑥よりになる)ので、 ・・・⑧
①,⑥,⑧より、 ......[]


TOPに戻る   CFV21 アーカイブ   考察のぺージ

©2005-2013
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾CFV21(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/03/19(火) 17:01:06|
  2. 東工大数学'13年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東工大数学'13年前期[3] | ホーム | 東工大数学'13年前期[1]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1408-3e4367ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。