FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東大理系数学'13年前期[5]

東大理系数学'13年前期[5]

次の命題を証明したい。
命題P 次の条件(a)(b)をともに満たす自然数(1以上の整数)Aが存在する。
(a) Aは連続する3つの自然数の積である。
(b) A10進法で表したとき、1が連続して99回以上現れるところがある。
以下の問いに答えよ。
(1) yを自然数とする。このとき不等式
が成り立つような正の実数xの範囲を求めよ。
(2) 命題Pを証明せよ。

解答 (1)は見かけは仰々しいですが、平凡です。(2)は、ゴタついている(1)の不等式をどう使うのか、ということに悩まされます。

(1) 中辺はと変形できるので、証明すべき不等式の各辺からを引くことにより、


 ・・・①
①の右側の不等号は、自然数yについて、より、において、
 ・・・②
より、つねに成り立ちます。
①の左側の不等号より、
とおくと、より、x2次方程式となる解をもちます。の範囲でとなる条件は、xが、となる解よりも大きくなることです。 (2次方程式の一般論を参照)
よって、②と合わせて、求めるxの範囲は、
 ・・・③
......[]

(2) (1)の不等式を書き換えて、
 ・・・④
中辺は、x整数とすれば、連続3整数の積になっているので、これをAと考えれば、Aは、1が連続して99回以上現れるところがある2つの数の間に挟まれるはずです。つまり、左辺のと右辺のは、ともに1が連続して99回以上現れる数になるはずです。
ところで、「
1が連続して99回以上現れる数」で思い出すのは、東大理系08[5]です。1n個連続して並ぶ整数は、と表されます。199個連続して並ぶ整数は、と表されます。
④の不等式を成り立たせるためには、③を満たすように
xをかなり大きくとれば良いわけですが、1の並びに影響を与えないように、x (mは自然数)の形の大きな数になるようにすると、とすれば良さそうです。9の倍数なので、は自然数です。xが、の連続99個の1に影響を与えないようにするには、とすればよいのですが、
より
より、となるように、例えば、とすれば、③が満たされて、不等式④が成り立ちます。このとき、不等式④の左辺は、
④の右辺は、
よって、不等式④は、
xyともに自然数なので、も自然数で、この不等式より、連続3自然数の積Aには、1が連続して99回現れるところがあります(よりも小さい整数は、以下の整数です)。よって、命題Pが成立します。


TOPに戻る   CFV21 アーカイブ   考察のぺージ

©2005-2013
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾CFV21(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/03/11(月) 12:10:42|
  2. 東大数学13年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東大理系数学'13年前期[6] | ホーム | 東大理系数学'13年前期[4]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1405-afc4207e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。