FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東工大数学'12年前期[5]

東工大数学'12前期[5]

行列で定まる1次変換をf とする。原点Oと異なる任意の2PQに対してが成り立つ。ただし、はそれぞれPQf による像を表す。
(1) を示せ。
(2) 1次変換f により、点が点に移るとき、Aを求めよ。

解答 直交変換(1次変換(その2)を参照)を題材とする問題で、慶大理工'09[B1]にも類題が出題されています。
問題文中というのは、原点以外の任意の点
Pについて、が一定だということです。

(1)  ・・・①
()OPx軸とがなす角をθ とすると、Pの座標はと表せます。
 (行列の積を参照)
より、の座標は、
①より、任意の角
θ について、
ここで、とおくと、
 (半角の公式を参照)
これが、任意の角θ について成立するために、
 ・・・②
なぜなら、でなければ、より、
 (三角関数の合成を参照)
が、一定値となることはありません。
②より、、即ち、 ・・・③
また、 ・・・④ が成り立ちます。

(2) ③より、 ()として、とおくことができます。④より、ABとして、です(内積を参照)
これより、 (複号同順)となります。よって、
 (複号同順) ・・・⑤

 ・・・⑥, ・・・⑦
⑦より、
⑥に代入すると、
 (複号同順)

⑦より、 ∴
⑤に代入して、
 (複号同順) ......[]


TOPに戻る   CFV21 アーカイブ   考察のぺージ

©2005-2011
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾CFV21(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2012/03/20(火) 12:11:26|
  2. 東工大数学'12年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東工大数学'12年前期[6] | ホーム | 東工大数学'12年前期[4]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1365-ad21fb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。