FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

慶大理工数学'11年[A2]検討

慶大理工数学'11[A2]検討

[A2]
(解答はこちら) 3次関数、4次関数に関するてんこ盛り問題です。解と係数の関係、3次関数・4次関数の極値を導関数で割った余りを使って計算する技巧を使い、さらに、定数を分離する技巧も動員します。うなりをあげる難問、というわけではありませんが、総合的な高い学力が要求されている問題です。
3次方程式の解を、のグラフから考えようとするとうまくいかないのですが、定数を分離してを、の形に直して考えることにより解決します。
引っかかるとすればのときのの挙動でしょうか?はさみうちの形を作ってきちんと論理的に答案を書こうとすると面倒ですが、ここでは、空所補充式であることに合わせて、のとき感覚的にだろうと考えて答えておけば充分でしょう。一昨年の
09[A4]の解答では、きちんとやっていますので参考にしてください。


TOPに戻る   CFV21 アーカイブ   考察のぺージ

©2005-2011
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾CFV21(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2011/07/21(木) 22:06:36|
  2. 慶大理工数学'11年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<慶大理工数学'11年[A3]検討 | ホーム | 慶大理工数学'11年[A1]検討>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1287-d796190a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。