FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

東大文系数学'10年[1]

東大文系数学'10[1]

Oを原点とする座標平面上に点Aをとり、の範囲にあるq に対して、次の条件(i)(ii)をみたす2BCを考える。
(i) Bの部分にあり、かつである。
(ii) Cの部分にあり、かつである。ただし、△ABCOを含むものとする。
以下の問(1)(2)に答えよ。
(1) OABと△OACの面積が等しいとき、q の値を求めよ。
(2) q の範囲で動かすとき、△OABと△OACの面積の和の最大値と、そのときのの値を求めよ。

解答 難問とは言えませんが、(2)では、正弦・余弦の値が汚くなるので、試験会場ではしっかり見直しさせられる問題です。これでいいのかな?もっと別の技巧でもあるのか?という気にさせられますが、基本に立ち返って考える「勇気」のようなものが必要かも知れません。

(1) OABの面積は、
 ・・・① (三角形の面積を参照)
ABCOを含むので、頂点Aと辺BCは原点に関して反対側に位置し、
より、△OACの面積は、
 (加法定理を参照)
 ・・・②
①,②より、とすると、


より、 ......[]

(2) OABと△OACの面積の和Sは、①,②より、

より、aを、
をみたす角として、
 (三角関数の合成を参照)
より、aは、を満たす角で、のときにとなりますが、このとき、であって、このq は、を満たしています。
よって、のとき、
Sの最大値: ......[]


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005-2010
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/07/22(木) 13:23:41|
  2. 10年数学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東北大物理'10年[1] | ホーム | 北大数学'10年後期[3]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1096-5bd6aba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)