FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

慶大理工数学'10年[A4]検討

慶大理工数学'10[A4]検討

[A4](解答はこちら) 本年の5題の中では、この問題だけが、従来の慶大理工の雰囲気を残しています。他の4題のケアレス・チェックを念入りに行った上で本問を完答できていれば、合格を確信してよいと思います。本年の慶大理工は、この問題だけ、と、言ってもよいでしょう。
とは言っても、本問も数学Ⅱの微分の基礎事項がつかめていれば、充分に解答可能な問題です。
3次方程式が相異なる3実数解を有する必要条件は、2次方程式が相異なる2実数解をもち、3次関数が極大・極小を有することです。さらに、極大値と極小値が異符号であれば、必要十分条件となります。これは、教科書にも書かれていることです。
解答の
()の部分がわかりにくいかも知れません。kが、
 ・・・()
を満たすことがわかるのですが、この形ではkがどんな正整数値をとるのか即断はできません。そこで、両側の値の各々がどんな値なのか、整数値と比較してみると、左側は、
を満たすので、連続2整数、の間の実数であり、右側は、
より、
を満たすので、連続2整数、の間の実数、ということになります。であれば、()を満たす正の整数kを全て求めると、
ということになります。
この部分が少々工夫を要するのですが、
nに適当な整数を入れてみるとかすれば、空所補充問題なので、上記のようなことをせずとも切り抜けられるはずです。
のときのの解も、高次方程式を解くときの常套手段で、,・・・,と代入して行けば、すぐにという解が見つかるので、因数定理を用いて因数分解してしまえばよく、本問も容易に完答できます。



TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/07/14(水) 16:25:43|
  2. 慶大理工数学'10年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<慶大理工数学'10年[B1]検討 | ホーム | 慶大理工数学'10年[A3]検討>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1091-6967191d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。