FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

慶大理工数学'10年[A3]検討

慶大理工数学'10[A3]検討

[A3](解答はこちら) 解答にも書きましたが、本問は、論述問題だとすると、どう答案を書いていくか、少々悩むかも知れませんが、空所補充形式の問題なので、図形S上の点と点Pの距離がいつ最小になるか、ということを考えれば、即座に解答できるでしょう。論述問題だとしたらどうするか、ということも解答の追記に書いておきました。
図形
S上の点と点Pの距離の最小については、「図形と方程式」分野の基本ができていれば、教科書レベルの知識で充分に解答可能です。難関大学の受験とは言っても、まずは、教科書の例題を確実に解けるようなところから始めるようにしよう、ということが言えます。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト



テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/07/13(火) 13:58:53|
  2. 慶大理工数学'10年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<慶大理工数学'10年[A4]検討 | ホーム | 慶大理工数学'10年[A2]検討>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1090-b89591ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)