FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

数列の極限

数列の極限

 無限に項が続く数列を無限数列と言います。
一般項が、で与えられる無限数列では、,・・・,,・・・ として、nをどんどん大きくしていくと、どんどん1に近づいていきます。
このように、数列において、nを限りなく大きくしていくときに、の値が限りなくある値aに近づくとき、
のとき、
または、

と書いて、数列a収束すると言います。また、値a極限値と言います。

一般項が、で与えられる無限数列では、,・・・,,・・・ として、nをどんどん大きくしていくと、どんどん大きな値になっていきます。
このように、数列において、nを限りなく大きくしていくときに、の値が限りなく大きくなるとき、
のとき、
または、

と書いて、数列正の無限大に発散すると言います。このときには極限値はありません。
一般項が、で与えられるような数列の場合には、nをどんどん大きくしていくと、負の数で絶対値がどんどん大きくなっていきます。
このような場合には、
のとき、
または、

と書いて、数列負の無限大に発散すると言います。このときには極限値はありません。

一般項が、で与えられる無限数列では、,・・・,,・・・ として、nをどんどん大きくしていっても、がある値に近づくわけではありません。
このような場合には、数列振動すると言います。振動する場合も含めて、発散と言います。
振動する場合には、 のように書きようがありません。この場合には、極限はない、と言います。極限値もありません。

それに対して、の場合には、極限値がaであるとともに、極限aという言い方もします。
の場合には、極限は正の無限大、の場合には、極限は負の無限大、と言います。

以上を整理すると下記のようになります。

数列が収束する場合、,極限,極限値はa
数列が発散する場合、

極限の性質
のとき、khを実数として、
(線形性) 

すべての自然数nについてであれば、
すべての自然数nについてであって、であれば、


1 (は自然数,は実数)
の場合、分母分子をで割ると、

  (分子の方が強い)
の場合、分母分子をで割ると、
 (分母の方が強い)
の場合、分母分子をで割ると、
 (分母分子の最高次の項の係数が残ります)

2
  (和差公式を利用する)
 
  (分母分子をnで割る)
 


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ   作者のページ

(C)2005, 2006 (有)りるらるNewton e-Learning
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/07/26(水) 08:45:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<等比数列の極限 | ホーム | 数列>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/109-7b30498f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。