FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早大理工数学'10年[4]検討

早大理工数学'10[4]検討

[4](解答はこちら) 空間図形の要素もありますが、主体は、という数学Ⅲの積分計算の部分にあります。計算はかなりややこしいですが、何とか正解しておきたい問題です。
空間図形の部分については、
慶大理工07[A4]などにも見えるタイプのもので、知識がないと手がつかないかも知れません。ですが、しっかりと準備しておけば定型的な処理で解決できます。数多くの入試問題の中では必ず出題されるタイプの問題なので、本問で理解をしておくようにしましょう。切り口を図示する部分がやや難航するかも知れません。東工大98年後期[2]に比べれば大したことはありませんが、解答の中で、x座標kを使って不等式を作っておき、後で、kxに書き換える、という要領を習得してください。
という積分は、解答に書いたように、

として部分積分することが多いと思いますが、本問のように、
(は双曲線関数です)
とおいて置換積分することもあります。これは、とおいて置換積分することに似ています。オイラーの公式:を思い浮かべれば自然な流れです。
なお、この積分には、他に、とおいて置換積分する技巧が知られています。今年、このことに関連した問題が
東大理系前期[4]で出題されました。東大理系前期[4]検討に書きましたので、参考にしてください。


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/07/07(水) 15:42:37|
  2. 早大理工数学'10年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<早大理工数学'10年[5]検討 | ホーム | 早大理工数学'10年[3]検討>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1086-7b467a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。