FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東大物理'10年前期[1]検討

東大物理'10年前期[1]検討

[1](解答はこちら) 今年も東大の[1]は、昨年[1]と同様、力学の総合問題でした。昨年が単振動だったので今年は円運動、という感じですが、円運動だけでなく、衝突、運動量、エネルギー、摩擦、と、幅広く力学の内容が扱われています。かと言って、では来年は万有引力だろう、というほどには、東大の出題に一定の傾向が見られる、ということではなく、来年はどうなるかわかりません。昨年、今年と2年続けて、入試問題として頻出の内容が扱われてきましたが、過去には、特殊な事例を扱う問題も見られます。
東大の入試問題と言っても、本問では、運動方程式、円運動の加速度がになること、運動エネルギーと位置エネルギーの総和は、摩擦などの外力による仕事を受けなければ一定のまま変化しない、という力学的エネルギー保存則、運動量保存、反発係数の式、静止摩擦力は最大静止摩擦力以下であること、動摩擦力や最大静止摩擦力は垂直抗力に摩擦係数をかけたものになること、など、物理の教科書に書かれている基礎事項で解答を進めていくことができます。やや入試技巧的な知識ですが、円運動を続ける条件が、最高点での物体と軌道との接触の維持、つまり、最高点でであること、であること、も使いますが、これも、どの理工系大学を受けるのにも必要になる知識です。
昨年[3]など、やや教科書内容から離れた内容が出題される場合もありますが、問題文にきちんとした説明があり、特殊な入試技巧を使うわけではありません。
つまり、東大物理では、教科書を一通りしっかり理解して、標準的な問題集で各分野数十題も解いてあれば充分です。高難度の問題がないとは言えませんが、ほとんどの問題でレベルがそれほど高いというわけではありません。それにもかかわらず、入試の結果を見ると、合格者の出身高校は毎年同じような高校が並びます。いわゆる進学校では何か特別なことをやっているのだろう、と、白い目で見られるかも知れません。ですが、私の通っていた高校もいわゆる進学校の一つですが、学校の授業では入試対策と言えるようなことは何もやりませんでした。今ではどうかわかりませんが、難関大学を狙おうという受験生の皆さんには、ぜひ、「東大合格のためには特別な知識はいらない」ということを頭に入れておいて頂きたいと思います。
東大合格者の中には数学オリンピックなどの入賞者もいますが、そういう人もいる、というだけであって、数学オリンピックを目指すことが東大合格の条件、というわけではありません。甲子園で活躍する高校野球の選手でも、全員が将来、有名プロ選手になるようなスーパースターばかりというわけではなく、ほとんどの選手が、甲子園を目指して日々の練習で鍛えて上手になった普通の高校生です。そして、この日本を支えているのは、そうした日々の努力で仕事をこなしている「普通の」人たちです。

日本は狭い国土に一億人がひしめき、有力な地下資源もなく、広大な農地もなく、一億人が生活していくためには、農林水産業や鉱業や土木工事では無理です。どうしても、商工業や文化的産業でやっていくしかありません。しかしながら、環境対応自動車や
3次元テレビのような分野でも、最近、日本はアジア諸国に追いつかれ追い抜かれかねない状況にあります。こちらをご覧の皆さんには、好むと好まざるとにかかわらず、先進的な科学技術の開発の現場で活躍して頂かなくてはいけません。科学の進歩なんて、雲の上の出来事で自分には関係ないなどと思わずに、自分こそが日本の牽引者となって、科学の進歩に名を残すような大きな仕事をするんだ、という意欲に燃えて頂きたいと思います。
東大・東工大・京大・早慶をはじめとする難関大学で、そうした意欲的な技術者・研究者を数多く養成して欲しいと思う一方で、難関大学を狙うということは決して雲の上を狙うような特別なことではなく、それなりの努力は必要ですが、日々の高校の授業をきちんとこなしていくという当たり前のことで充分だ、ということも頭に入れておいて頂きたいと思います。今の自分の力では東大なんて無理だ、などと思うのは大きな錯覚です。本問は、きちんと基礎ができている受験生であれば解答可能な問題です。高校の授業をきちんとこなし、少し問題集がやってあれば、充分に東大の合格ラインに届きます。
現時点での高校物理教科書には「ゆとり教育」の弊害と言える大きなカリキュラム上の問題点があります。ですが、大学で専門的な勉強を続けていくのに必要な基礎知識が一通り網羅されています。様々な制約をかかえながらも執筆者がわかり易く物理の興味深い内容を次世代に伝えようとする情熱をひしと感じます。ぜひ、高級入試技巧の暗記に走ろう、などと思わずに、まずは、教科書の基礎事項からしっかりと勉強するようにしてください。それが本問のような問題を解けるようになる近道であり、東大合格の条件です。



TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/05/16(日) 01:06:36|
  2. 東大物理'10年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東大物理'10年前期[2]検討 | ホーム | 東工大数学'10年前期[4]検討>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1065-f7faeef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。