FC2ブログ

CHALLENGE from the VOID

大学入試問題を考える - 数学・物理 -

CFV21 ご入会のおすすめ
理工系受験生の方は
こちらをご覧ください
当会の活動にご支援頂ける方は
こちらをご覧ください

センター試験「数学」の必勝法はこちら
センター試験「物理」の必勝法はこちら

理工系受験生必見!! 2010-2007入試問題検討ページ(東大・東工大・京大・早慶) 
CFV21での学習の進め方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京大理系数学'10年甲[1]

京大理系数学'10[1]

1から5までの自然数を1列に並べる。どの並べ方も同様の確からしさで起こるものとする。このとき1番目と2番目と3番目の数の和と、3番目と4番目と5番目の数の和が等しくなる確率を求めよ。ただし、各並べ方において、それぞれの数字は重複なく1度ずつ用いるものとする。

解答 整数が少しからんだ確率の基本問題です。

全事象は、異なる
5個から5個選んで並べる並べ方で、通り。
1番目と2番目の数の和をa3番目の数をbとすると、4番目と5番目の数の和もaで、
 ・・・①
これよりは偶数なので、
bは奇数です。を満たす奇数は、
(i) のとき、①より
1から5までの2整数の和が7になるのは、2整数が、2534になるときです。
1番目と2番目が25のとき、どちらが2かが2通り、4番目と5番目のどちらが2かが2通り、両者は独立なので、通り。
1番目と
2番目が34のときも同様に4通り。
合わせて、通り。
(ii) のとき、①より
1から5までの2整数の和が6になるのは、2整数が、1524になるときです。
このときも
(i)と同様に8通り。
(iii) のとき、①より
1から5までの2整数の和が5になるのは、2整数が、1423になるときです。
このときも
(i)と同様に8通り。
(i)(ii)(iii)より、1番目と2番目と3番目の数の和と、3番目と4番目と5番目の数の和が等しくなるのは、通り。
求める確率は、
......[]


TOPに戻る   CFV21 メイン・ページ   考察のぺージ

(C)2005,2006,2007,2008,2009
(有)りるらる
CFV21 随時入会受付中!
CFV21ご入会は、まず、
こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」購入
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/03/09(火) 07:55:58|
  2. 京大数学'10年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京大理系数学'10年甲[2] | ホーム | 東工大数学'10年前期[4]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cfv21.blog49.fc2.com/tb.php/1037-5628b914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。